マンションの税金とは

高齢者のマンション暮らし

トップ / 高齢者のマンション暮らし

マンションの修繕積立金の取扱い

マンション投資をしたら、家賃収入から必要経費を引いた不動産所得について、所得税の確定申告が必要です。所得税の計算上、必要経費とお金の支出は同じではなく、例えば借入返済のうち元金部分は経費ではなく、利息だけが必要経費になります。マンションを所有すると、毎月修繕積立金を払いますが、これは毎月集めて積み立て、将来の修繕に備えているものです。とはいえ、積立金が修繕以外の目的に利用されない、修繕積立金の金額の計算の根拠となる長期修繕計画があるなど、一定の要件を満たしたら支出時の必要経費にすることができます。

共用施設の充実したマンション

大型分譲マンションの場合、管理員や警備員が建物に常駐していることが多いので、セキュリティーの面などで非常にメリットが大きいでしょう。また、共用施設が充実していることもあり、フィットネスジムや温泉などが付いているような分譲物件などもあります。そういった共用施設が充実した魅力的な物件は、インターネットを利用して見つけることが出来ます。モデルルームの見学などもインターネットを通じて予約をすることが可能です。また、高層マンションの場合、眺望が非常に良い物件も多いので、毎日良い眺めを楽しむことが出来るでしょう。

不動産の参考と最新情報