不動産関連の資格

不動産の仕事に関する資格

トップ / 不動産の仕事に関する資格

不動産資格の代表である宅建

不動産に関する資格の代表的なものとして宅地建物取引主任者を挙げることが出来ます。この資格は誰でも受験できるということで、毎年多くの人たちが受験をしています。この資格を持っていれば、転職活動などを行う際にアピールするポイントにすることが出来ます。宅地建物取引主任者の資格は不動産業者では一定人数以上必要になるので、持っていると重宝されることになるでしょう。試験科目には民法なども出題されることになるので、他の資格へのステップアップとして利用することも出来ます。

不動産に関することは専門に相談

不動産と一口に言っても、土地や戸建、マンション、店舗といろいろあります。それぞれ固定資産税という税金がかかります。しかし、所有の仕方を工夫することで、節税対策にも役立ちます。個人での手続きは難しい所もありますので、専門の不動産会社へ依頼することが一番です。豊富な経験と実績がある所を選びましょう。また、インターネットでも多くの情報を収集することは可能です。できる限り多くの情報を集めることも大切です。

不動産の参考と最新情報