所有する不動産の種類

役立つ不動産物件を持つ

トップ / 役立つ不動産物件を持つ

不動産売却も考えた賃貸経営

副業としてアパートやマンションの賃貸経営が流行っています。会社員として仕事をしながら給与のほかに家賃収入を所得に加算できるほかに不動産経費を所得控除の際に計上できるため、節税にもなるためです。しかし、賃貸経営は入居率が高くないと採算はとれないどころか投資金額の回収さえもできません。近隣に商業工業地域が無い場合には入居者希望者のニーズを満たしてはいません。そこで、リスクを分散させるために一戸建てをお勧めします。売却しやすい市場規模は一戸建て住宅の方が大きいため、不動産として売却でき現金化しやすいです。

みんなで大家さんで資金運用

みんなで大家さんとは、出資者の出した金額に対して、営業者が選んだ不動産の賃貸利益を分配する仕組みの投資会社です。不動産投資は本来大きな資金を必要としますが、たくさんの出資者が少しずつ資金を提供する事で、手軽に資金運用を可能とした収益モデルが特徴です。みんなで大家さんは、すでに賃貸借契約済みの家賃から分配する方法で、想定利回りを下回る事が少ないため、安定した運用が可能です。出資単位は100万円で、申込む手数料は無料、年6回の分配が行われます。

不動産の参考と最新情報